リーボックの歴史を紐解くと、1895年まで遡る。この年、イングランド中部の小都市ボルトンにて、リーボック社の前身であるJ.W.フォスター社を創設した「ジョセフ・ウイリアム・フォスター」が、より速く走るためにと自作のスパイクシューズを作り出す。こうしてリーボックの歴史はランニングシューズからスタート。

1970年代後半からアメリカへと進出し、それ以降AZTEC(アズテック)、CLASSIC LEATHER(クラシックレザー)、GL 6000、LX 8500、VENTILATOR(ベンチレーター)、PUMP RUNNING DUAL(ポンプ ランニング デュアル)、INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)、DMX RUN 10といった数多くの画期的なランニングシューズを世に送り出してきた。

そして2017年、歴代の名作を中心に展開するカジュアルライン「Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)」より、ブランドが持つ”ランニングヘリテージ”を継承した新たなコンセプチュアルモデル『ZOKU RUNNER(ゾクランナー)』をローンチ。モデル名にあるZOKUは日本語の【続】からネーミングされ、ブランドが目指し続ける絶え間ない進化を意味し、また、ブランドのDNAを引き継いだモデルが次世代へと継承されるようにというメッセージが込められている。

ZOKU RUNNER のデザインには、
70年代、80年代、90年代それぞれの
時代を代表する ランニングシューズの
エレメントが施されているのが特徴。

1979年に登場した「AZTEC(アズテック)」のサイドに施されたReebokフットウェアの象徴である”ベクターマーク”。
1983年に発売されたブランドが誇るレトロランニングシューズの代表作「CLASSIC LEATHER(クラシックレザー)」のサイドにデザインされたブランドロゴのパネル部分。
ランニングシューズとして初めて”The Pumpテクノロジー”を採用し1991年に登場した、PUMP RUNNING DUAL(ポンプ ランニング デュアル)のヒールケージのデザイン。

そして上質な
デジタルニッティングテクノロジー
「ULTRAKNIT(ウルトラニット)」
により作り出された最新のアッパーは、
過去から引き継いだインスピレーションが、
未来へと織り込まれていく事を
意味している。

  • ZOKU RUNNER ULTK HTRD (BD5487)

    カラー:コール/ブラック/ミディアムグレー/アッシュグレー/ホワイト

    価格:¥16,000(税抜)

  • ZOKU RUNNER ULTK HTRD (BD5488)

    カラー:LGHソリッドグレー/フラットグレー/カーボン/ホワイト

    価格:¥16,000(税抜)

  • ZOKU RUNNER ULTK HTRD (BD5489)

    カラー:フラットグレー/ミディアムグレー/プラチナピンク/ホワイト

    価格:¥16,000(税抜)

  • ZOKU RUNNER ULTK IS (BD4178)

    カラー:ブラック/ブラック/アロイ

    価格:¥16,000(税抜)

  • ZOKU RUNNER ULTK IS (BD4179)

    カラー:パワーレッド/テックレッド

    価格:¥16,000(税抜)

  • ZOKU RUNNER ULTK IS (BD4180)

    カラー:カレッジローヤル/オーサムブルー

    価格:¥16,000(税抜)

  • ZOKU RUNNER ULTK IS (BS6170)

    カラー:ファイアーコーラル/ステラーピンク

    価格:¥16,000(税抜)

  • ZOKU RUNNER x Freebandz (BD5852)

    カラー:ブラック/ブラック/アロイ

    価格:¥16,000(税抜)

  • ZOKU RUNNER ULTK MULTI (BS7840)

    カラー:マルチカラー/ホワイト

    価格:¥16,000(税抜)

日本のクリエーションを担う
気鋭のクリエイターたちとの
コラボレーションプロジェクト。
「FAME/フェイム
(Fashion, Art, Music, Entertainment)」
にまつわる様々な表現者が
「ZOKU RUNNER」をテーマに、
"ゾクゾク"するコンテンツをクリエイトし
SNSへポストする
「#ZOKUZOKU」プロジェクト展開中!