• 会員限定送料無料。ゲストは11,000円(税込)のお買い上げで送料無料
  • 30日以内返品可能 (一部商品を除く)

fitness 2021.6.18

ヨガマットのお手入れ方法

マットを清潔に保つ必要性とその方法について

  • yogamat-hero_293-664191.jpg

歯のフロスや税金の支払いのように、生活の中には、大事なのに忘れてしまいがちなことがあります。それがヨガマットのお手入れです。
たくさん汗をかいたヨガの練習後、マットを丸めて車の後ろに投げ入れて、次のクラスまで放置していませんか? 
誰もが同じような道を通ってきたと思いますが、マットについた汗ジミがどのように細菌を宿すのかという研究内容を聞けば、いつもの習慣を変えることができるかもしれません。

雑誌 Elle の編集者がニューヨーク内のジムやヨガスタジオにあるヨガマットの拭き取り調査を実施、免疫抑制作用のある2種類の危険な細菌を採取しました(注:ほとんどの人には問題のない細菌なのでご安心を)
また、白癬やヘルペスが共有のヨガマットに潜んでいるという報告もあります。
ロングアイランドの足病医であるグレッグ・E・コーエン博士によると、 共有のヨガマット を使用している場合、足の裏のイボや水虫患者が50%以上多く見られるそうです。

もし、自分のマットをヨガクラスに持っていく(もしくは 自宅で練習している )場合、それは清潔ですか? 
一概にはいえませんね。

私達は毎日 3万〜4万 の皮膚細胞を再生。これらは、時間の経過とともに身体の脂や汗とともにヨガマットに蓄積する可能性があります。
もっと頻繁に、ヨガマットのお手入れをする必要があることがわかりましたか? 

では次に、ヨガマットをキレイにするお手入れ方法をご紹介します。

さらにヨガマットを清潔に保つ必要性とは

細菌を除去するためには洗浄が重要だということを教えてくれた、歴史的に意味深い年があるとすれば、それは間違いなく2020年でしょう。

ヨガスタジオでまた練習に打ち込める日が再開すれば、ヨガマットを清潔に保つ必要性がこれまで以上に高まります。
「自分のためにマットを清潔に保ち、消毒しておくことはもちろん大事ですが、隣で練習している人のためにマットを清潔に保つことは、気配り上手で尊敬に値します」と、ヨガのインストラクターであり、丁寧な暮らしを提案するブロガーの アンドレア・ボガート は語ります。

「マットのお手入れをすることは、歯磨きなどの毎日の習慣と同じくらい忘れてはならないものと考えるべきなのです」
ヨガマットを清潔にすることは、実は細菌や病原菌の除去だけが理由ではありません。運動後にエクササイズマットの清掃をすると、エネルギッシュな変化が起きるのです。

「ヨガマットは、精神修行のための神聖な場所でなければなりません」と語るのは、 LAを拠点とするヨガ講師の ケイティ・パーセル 。
「何かを得れば何かを失う。これは人生と同じです。
ヨガでは、波及効果という共通の考え方があります。
これは、サンスクリット語で「行動やふるまい」を意味する、カルマに関係しています。「人生とライフスタイルのすべてを一元化または調和させる必要があると、通常ヨガでは教わります」

一言で言うと? 
敬意と感謝の気持ちを持って ヨガマット を取り扱えば、自分自身に対しても同様に、敬意と 感謝 の気持ちで向き合えるのです。

お手入れ方法とそのタイミング

予想されていたかもしれませんが、ヨガマットの使用後に毎回お手入れするのがベストです。

「汗をかいた時だけマットのお手入れをするのは自然な流れのように思われるかもしれません。どんなヨガを行っても身体とマットに物理的な接触が起こりますし、細菌は至るところにあります」と、パーセル。

「ご存知のとおりヨガは、毒性のあるエネルギーを集めて、身体から排出するようにデザインされています。マットは、その毒素を吸収するスペースとして機能します。レッスンの最後にヨガマットの清掃をすることは、浄化のプロセスをきちんと完了することにもつながるのです」

ヨガマットの清掃に必要なものは、吸収性の高いタオル(着古した綿のTシャツでもかまいません)と、清潔なスポンジ、ヨガマット用のクリーナーで十分とパーセルは言います。

街中ではヨガ専用のクリーナーがいくつも販売されていますが、そのクリーナーを手作りすれば節約にもなりますし、プラスチック削減にもつながります。材料は、5〜10滴のティーツリーオイルと、オーガニックの蒸留ホワイトビネガーを¼カップ、水¾カップだけ。自宅にアルコールフリーのウィッチヘーゼルがあれば、それもよく加えるとパーセルは言います。

ボガートも似たようなレシピを愛用していますが、彼女はラベンダーオイルを加えて、よく振り混ぜるそうです。
「油と水はよく混ざらないから、とにかく振ることが大事」と彼女は言います。
「消毒後にゴシゴシしっかり洗いたい時は、植物由来の食器用石鹸を一滴水に混ぜて、スポンジの柔らかい面でこすって、水ですすぎ、タオルで拭き取ってから吊るして乾かします。マットの両サイド行うことをお忘れなく」

お手入れが終わったら、空気が循環している場所で乾かしましょう。
庭に(直射日光の当たらない場所)置くか、物干しにかけるといいでしょう。完全に乾いているか確認したら、取りこんでください。

注意点

ヨガマットを洗濯機に入れないでください(繰り返しますが、絶対にしないでください)。
ヨガマットのお手入れの中で一番やってはいけないことになります。

化学薬品やアルコールを含む毒性の高いクリーナーやクロスの使用もなるべく避けてください。
「強いクリーナーを使ったり、食器用石鹸や漂白剤を多用すると、最終的にヨガマットの劣化につながり、表面が剥がれる可能性があります」とボガートは言います。

お手入れの負担を軽減するために、マットの上に洗えるヨガタオルを置き、長い レギンス と身体を覆う タンクトップ を着用することをボガートはおすすめしています。
「マットとの肌の接地面が多ければ多いほど、微生物や細菌の数も増え、アレルギーなどを引き起こす可能性も高まります」と彼女は説明します。

最後になりますが、自分がどのような種類のヨガマットを所有しているのか、理解することは重要です。すべてのヨガマットが同じように作られているわけではありません。
PVC(ビニール製)、ゴム製、コルク製など、ヨガマットの素材は様々。使用上の注意など、特別なお手入れ方法があるかもしれません。
もし説明書を捨ててしまっていても、たいていの場合はヨガマットのウェブサイトで確認できるはず。ぜひチェックしてください。

【期間限定】学割キャンペーン15%OFF