Reebok x yoshiokubo

Reebok x yoshiokubo

独創的なデザインで注目を集める日本発のメンズファッションブランド「yoshiokubo(ヨシオクボ)」との初コラボレーションとして、Reebokを代表するふたつのアイコンモデル"INSTAPUMP FURY"と"CLUB C"の2モデルを発売。ともに日本の伝統的な文化要素をデザインに落とし込み、日本が誇る古くからの文化について、より多くの人に興味を示して欲しいというデザイナーの久保嘉男氏の願いが込められている。最も注目すべきポイントは、ヒールに施された「リーボック」の文字、墨汁と筆で書かれたようなカタカナのカリグラフィーは、日本をはじめ東洋の伝統や美学のーつでもある「書」をイメージ。また、昨今は世界中で愛されている日本の文化である「盆栽」や「家紋」といったアイコンがさりげなくデザインされているのもポイント。

デザイナー久保嘉男氏について

2000年にPhiladelphia University’s School of Textile & Scienceを卒業後、NYのオートクチュールデザイナー、ロバート・デンス氏のもとでコレクション製作に携わる。2004年に帰国し、同年9月に自身のブランド「yoshiokubo」を設立。2017年1月には、ジョルジオ・アルマーニと伊ファッション協会の支援を受け、ミラノにて「yoshio kubo Fall/Winter 2017 collection」をランウェイ形式で発表。以後ミラノコレクションやパリコレクションなどでコレクションを発表し、世界のファッションシーン最前線で活躍を続けている。
「yoshiokubo」では、久保氏自身の“今まで見た事のないパターンやディティールを追求したい“という思いを、クチュール時代に培った確かな技術を駆使し、自身のコレクションに投影。 “服のデザインやディテールをもう一度考えてもらいたい”という願望のもと、上質なパターンときめ細かな裁縫技術をベースに、衣服としての機能を重視した着心地よい日常着を提案している。

SNEAKER DAYS |対象のスニーカーが表示価格から最大30%OFF! [-11/1(日)23:59]