撮影サイズ

RUNNING シューズ

ソールフューリー フロートライド / SOLE FURY FLOATRIDE SE

¥9,350【セール】

カラー:ブラック/サンドベージュ(DV4514)

  • ブラック/サンドベージュ(DV4514)
  • クラシックホワイト/ライトサンド/サンドベージュ/フ(DV4515)

サイズを選択してください

    カートに入れる

    または

      ソールフューリー フロートライド / SOLE FURY FLOATRIDE SE
      リーボックの1990年代のエッセンスを取り入れた、スタイルにフォーカスしたシューズ。ソールにはリーボックのヘリテージの1つである、スプリットツーリングを現代のデザインに落とし込み、機能性を兼ね備えた。軽量性、クッション性、通気性に優れた素材を最新の構造とデザインで組み合わせる事で、今までのシューズの概念を覆すかのような画期的なシューズの登場。こちらのモデルはアッパーに柔らかいレザーとソールに軽量フォーム素材のフロートライドフォームを搭載したプレミアムな限定モデル。

      取り扱い方法

      TECHNOLOGY

      SOLEFURY TECHNOLOGY
      3D Opus( スリーディーオーパス )
      3D Opusのアッパー構造を受け継ぎ極力軽量化を図り、エンジニアードメッシュ、ネオプレン、メッシュ等様々な素材を採用。プルストラップをシューターンにも搭載。
      3D Opus( スリーディーオーパス )
      Ventilator( ベンチレーター )
      90年代当時、ランニングシューズとしては画期的だった、通気口をソール部分に搭載。
      Ventilator( ベンチレーター )
      Instapump Fury( インスタポンプフューリー )
      分離されたソールが生み出す、独特のフォルムを採用。
      Instapump Fury( インスタポンプフューリー )
      ソールフューリー フロートライド / SOLE FURY FLOATRIDE SE is rated 4.5 out of 5 by 4.
      Rated 4 out of 5 by from 靴の中の変な切り返しが残念。あとは文句無し。 カッコいいし走るとクッションが効いてとても良い。残念なのはシューズの中のかかとの両側にあるレザーの切り返しみたいな部分。ゴワゴワ当たって違和感がすごくある。切りっぱなしになってるし靴の中に異物が入ってるような違和感。これさえなければ100点満点なんだが。
      Date published: 2019-04-11
      Rated 5 out of 5 by from デザインも機能性も良好 ブラックとクラシックホワイトを両色とも購入しました。甲高でも幅広でもない普通の足で、素足の実長プラス1.0センチで丁度良いフィット感です。リーボックではDAYTONA DMXやAZTREKが同じサイズで同じフィット感です。adidasではスタンスミスやスーパースターと同じです。 アッパーが本革で重そうなイメージでしたが本革の裏面には薄い生地が貼られているのみでミッドソールが軽量素材のため予想外に軽いです。 クッション性はかなり高く快適です。 アッパーにピンホールが大量に開けられていてピンホール部は裏面の薄い生地のみですので通気性も高いです。 私は気になりませんでしたが内部のかかとのホールド部が土踏まずに向かって下りてくる形状ですので、土踏まずに違和感を感じる方がおられるかもしれません。 デザインが気に入って購入しましたが機能性も優れた一足だと思います。
      Date published: 2019-06-09
      Rated 4 out of 5 by from フロートライドに合皮?のソールフューリー乗っけた感じでした! 通気性良く快適です。 でも、一度ソールフューリーを 履いてみて 自分に合うかどうか 試した方がいいと思います
      Date published: 2019-08-03
      Rated 5 out of 5 by from 落ち着いたカラーリングで年齢高めでも違和感なく履けます。 恥ずかしながらReebok=ポンプフューリーくらいしか購買意欲の湧くシューズがなかったというか知らなかったのですが、ネットショッピング中にソールフューリーを発見して一目惚れ、さらに見てみるとソールフューリーフロートライドも発見、独特の分割されたソール形状とシルエットのシャープな所と落ち着いた単色カラー仕上げが決め手となって購入しました。実際の商品はさすがにというか当然ですが、スリップオンという訳には行かないですが、慣れればスポッと足入れ出来ます。特筆すべきはその軽さとクッショニングの良さですね。フワフワした接地感は本格ランニングする訳ではないので本気で走る人にとってどうかは分かりませんが、普段履きする分にはちょっと楽し過ぎますね! 甲は少し高め、幅は少し狭めで普段25.5cmのスニーカーを履いてますが、こちらも同じ感覚でサイズ選んだら正解でした。
      Date published: 2019-07-21
      • y_2019, m_12, d_13, h_12
      • bvseo_bulk, prod_bvrr, vn_bulk_3.0.3
      • cp_1, bvpage1
      • co_hasreviews, tv_0, tr_4
      • loc_, sid_EGW01, prod, sort_[SortEntry(order=RELEVANCE, direction=DESCENDING)]
      • clientName_reebok-jp

      WINTER SALE開催中 | 2019年秋冬セールアイテムに続々商品追加!